飲食店サイトの集客は、SEO+コンバージョンを意識しよう

地域ワードプラスアルファの施策を

飲食店サイトは、まず第一に「新宿+イタリアン」といった「エリア」プラス「ジャンル」でのキーワード対策が重要となります。

ただ、それでも飲食は非常に競合が多いので、もう一工夫が必要になります。 たとえば、東京タワーなど、地域と密接にかかわる施設やイベントなどがある場合、そういったイベント名での検索が見込み客にアプローチできることも少なくありません。

店舗の情報ページには盛り込みずらい内容ではあるので、店長ブログなどを利用してうまく、そういった検索ユーザーを取り込むようなSEO対策が重要です。

SEOだけでなく様々な施策を

SEOだけでなく、サイト自体にもユーザビリティを考慮する必要があります。
最寄り駅からの地図や、駐車場のあるなしも記載しましょう。
そのうえで「個室あり」、「食べ放題」、「子連れ歓迎」、「分煙」といったセールスポイントも盛り込んだページを作成します。

こういったセールスポイントは画像のほうがユーザーには伝わりやすいといえますが、検索エンジンはテキストのほうがクロールあるいはインデックスしやすい側面がありますので両方バランスよく配置するようにします。

飲食店を急いで選定したいユーザーも多いですから、OGPタグを設置して、ジャンル、価格帯、メニュー画像といったお店の特徴が端的に伝わるようにするのもよいでしょう。
また、飲食後に「いいね!」ボタンなどでシェアしてくれたユーザーに割引クーポンを発券するサービスなども、ナチュラルリンクと顧客、両方の獲得に結び付くかもしれません。

サイトマップ | ご利用規約 | 会社概要

Copyright 2013 サテライトSEO All rights reserved.