月額費用無し!安心・安全・高品質な一回払いの格安SEO対策 | サテライトSEO

お問い合わせはこちら

リッチスニペット

リッチスニペットとは、検索結果のタイトル下に表示されるサイト説明文(スニペット)に拡張機能をもたせたものです。

日本では2009年11月からGoogleが導入しました。
導入前までのサイト要約文に加えて、価格帯やパンくずリスト、サムネイル画像なども表示できるようになり、検索者にサイトの特徴がより伝わりやすくなりました。

リッチスニペットを表示させる為には、サイト運営者は microformats または RDFa を利用して、構造化データのマークアップをページに追加する必要があります。

その内容が重要で新鮮な情報であれば、リッチスニペットとして表示される可能性が高まります。
マークアップしてもリッチスニペットに確実に反映されるものではなく、Googleのアルゴリズムにより従来のテキストのみのスニペットが採用されることもあります。

また、対応しているコンテンツタイプは、レビュー、人物、商品、会社と組織、レシピ、イベント、音楽などであるといわれています。
最近では、スマホ対応の有無を表示するスニペットが注目されています。

あわせて読みたい記事

  • リンクファーム リンクファームとは検索エンジンスパムの一種で、サイトの検索 […]
  • ワードサラダ ワードサラダとは、検索エンジンのスパム防止対策をすり抜ける […]
  • 再審査リクエスト 再審査リクエストとは、Googleによりペナルティを受けた […]
  • リンクの否認 リンクの否認とは、自分のサイトにリンクスパムといった不自然 […]